考えだったと思いますw
ジジは郡山の出会い掲示板する女性ではないと言ったが、離婚を撒くと脅迫していたが、謝罪する代わりに離婚について話し、それを真剣に知っていた。急いでお詫び申し上げます

【今までごめんなさい。ジジが言うように、私は間違っていた]

郡山の出会い掲示板

 

「私の子供が大学を卒業するとき、私は離婚を真剣に考えているので、それをするつもりです。」
【ジジちゃんをフォロー】

「いつものように郡山の出会い掲示板するつもりはない。しかし、愛は二度と戻らないだろう。」
【ごめん】

「許しや許しのようなものではありません。そんなに単純な話ではありません。その時、彼女はこのように死ぬだろうと思っていました。しかし、私はいろいろなことにうんざりしているので、大丈夫だと思いました。それを覚えているだけで、涙自然に出てきます。当時のことは、生きるか死ぬかにかかわらず、謝罪しても流せません。」
[ジジが言うように、ごめんなさい]

 

「血縁のない子供を養う夫が生きたり死んだりすると、そんなクレイジーなことをする女性はそんなに簡単に変わることはできません。」

「どんなに郡山の出会い掲示板しても不可能だ。今はうんざりしているが、すぐに戻ってくる」

「妻と付き合っていた時、[結婚するので別れる]と言われました。つまり、二股に分かれていたので、男と二年間子供と一緒に暮らしましたが、解散してまた連絡がありましたが、その時は色々な事で病気だったので引き返しました。妻に継子が置き去りにされてすみませんでした。これを詳しく書く場合は2つの記事を省略してください)